ステップ川口夏季地区に参加しました

6/18(土)川口駅西口のリリア催し物広場でおこなわれたステップに生徒さんが参加しました。

 

初めて参加した生徒さんは、かなり緊張していたようですが、しっかり弾くことができました。

 

発表会と違って、リハーサルがなく、いきなり本番というのが緊張の元です。

レッスンの時にどういう流れか確認し、当日も、足台などを調整してから本番に臨みました。

 

緊張するということは、ちゃんとやらなければならないという気持ちの表れです。

 

この緊張感にもだんだん慣れていきます。

 

 

こうして10回継続表彰までこぎつけた生徒さんも参加しました。

前出の子と同じように、初めて出演した時は、緊張していたと思うのですが、10回目ともなると、60字コメントを自分で書き、おじぎも椅子の調整もひとりでちゃんとできるようになります。

安心して聴いていられます。

 

発表会と違うもうひとつが、知らない人の中で弾くということです。

発表会は同じ教室の中なので、ある程度顔見知りです。リハーサルをしている間に仲良くなることもあります。

 

しかし、ステップは、初めての場所で(同じ場所の場合もありますが)、知らない人の中でピアノを弾くという状況です。

緊張しないように、という方が難しいです。

 

そんな中で、子ども達は1回目より2回目、2回目より3回目、というように、過酷な状況に慣れていきます。

 

ステップに参加させた親御さまからよく言われるのが、「度胸がついた」です。

学校など、人前で話すときなど、動じないという話をよく聞きます。

 

初参加の生徒さんは、これから回数を重ねていくでしょう。

10回継続の生徒さんは、継続表彰証明書を発行してもらい、高校受験に向かって努力していくでしょう。

応援しています!

 

 

 

体験レッスン受付中

大人と子どもの「ピアノはじめて」を応援しています!
ピアノ初心者専門教室ならではの分かりやすいレッスン♪
お気軽にお問い合わせください。