大人がピアノを始めたい時ぜひ読んでほしい本

体験レッスンに申し込む勇気がない

(体験レッスンに申し込む)その壁を乗り越えたごく一部の人たちが、それまで考えも及ばなかった楽園を楽しんでいます。

人生100年時代“最強の習い事”そうだ!音楽教室に行こう|大内孝雄より

 

ピアノを習うにはまず、体験レッスンに行くことが大切です。

その後のミスマッチをなくすため、自分が希望するレッスンをしてくれる場所か確かめるためです。ところが、体験レッスンに申し込むのはハードルが高い。

メールや電話で連絡をする、その一歩が難しい。

そう思っているのは自分だけだと思っていたとしたら、どうも違うようです。

多くの人がその壁を乗り越えられずにいるのです。しかし、その壁を乗り越えたごく一部の人だけが、それまで考えも及ばなかった楽園を楽しんでいるというのです。

驚きました。

体験レッスン申込みのハードルは高い。

そして、乗りこえれば「楽園」。

 

 

人生100年時代“最強の習い事”そうだ!音楽教室に行こう|大内孝雄

大内孝雄さんの著書が音楽業界で注目されています。

著者は銀行マンを経て音大教授を務めた異色の経歴の持ち主です。

 

この本の驚くところは、膨大なデータと取材に基づいて書かれていることです。

内容が濃い。とにかく濃い。

さすが銀行マンの感覚で数字の説明がうまいです。楽器を購入するのは高額になります。でも最初の出費は大きいけれど、〇年使っているから年間当たり○○円。

1ヶ月にしてみれば○○円、と言われれば、納得します。

私が子どもの頃使っていたピアノは引き継がれて約40年後の今も使われているわけですが、こうした計算をしてみれば、楽器の購入の考え方も少し変わります。

 

目次より

【第1章】日本独自の進化形「音楽教室3.0」の幕開け

【第2章】当世人気楽器事情

【第3章】音楽習って、人生を輝かせている人々

【第4章】もしかして、音楽って最強の習い事?

【第6章】いざ、音楽教室へ

【第7章】音楽を人生最高のパートナーとするために

人生100年時代“最強の習い事”そうだ!音楽教室に行こう|大内孝雄より

 

タイトルにも目次にも「ピアノ」という言葉はありませんが、ピアノ教室に当てはまることがたくさんあります。

大人で超初心者だけど、ピアノを習ってみたい、という人には参考になること間違いなしです。

 

著者が実際に体験レッスン!その数10

まさか!と思ったのが、体験レッスンのくだり。

ピアノをはじめとして、なんと10種類の音楽の体験レッスンのレポートが書かれています。

それはすべて、著者が体験している!

身体を張って書いた熱意が伝わります。

 

データもすごいですが、取材の量も半端ない。習っている人の実際の声が各所にちりばめられていて、ページの下にひとこと感想まで載っています。

第7章の「音楽を人生最高のパートナーとするために」では、音楽を習っている人の名言や思わず笑ってしまうエピソードもあり、読むだけで、音楽をしている人たちに囲まれている感覚になります。

名言は、本当にすばらしいです。

 

「考えも及ばなかった楽園」へ

この本を読んで、今まで一部の人しか行かれなかった「考えも及ばなかった楽園」へ行ってみませんか?

 

 

 

 

 

 

体験レッスン受付中

大人と子どもの「ピアノはじめて」を応援しています!
ピアノ初心者専門教室ならではの分かりやすいレッスン♪
お気軽にお問い合わせください。