本番で緊張しないために絶対にやっておくこと

緊張で悩んでいた中学時代

実は私、中学生の頃から閉所恐怖症、過敏性腸症候群で

本番の前は頭真っ白どころか

パニックになってしまう

そんな中学生でした。

 

閉所恐怖症、過敏性腸症候群は

今になって病名が知られてきたから分かるのですが

当時は、病名はもちろん

どうしてそんな風に緊張するかさえ

分からず、だれにも言えず過ごしていました。

生徒さんは本番に強いです

緊張を克服するために編み出した技

誰にも言えないということは

自分で克服しなければならない状況に置かれたわけで

「自分でなんとかしなければ」

と解決法を模索していました。

 

そして、たどりついたのが

 

————————————–
曲を完璧に弾けるようにしておくこと
————————————–

 

そうすれば、頭が白くなってもパニックになっても

曲は完璧だからなんとかなる、

そう考えました。

 

じゃあ、完璧って何だ???

 

本番の衣装を着て、本番の順番で弾く練習をしました。

自分でアナウンスして、ステージに歩いていくところから

再現していました。

すると、ミスが現れます。

そのミスを徹底的に洗い出し、そこを間違えないよう

練習しました。

何回かやると、「本番練習」でもミスがなくなりました。

 

 

ミスの原因に気付いた

 

なぜミスをするか考えたら

【指遣いが決まっていないから】

だったのです。

弾くたびに違う指遣いをしている場所は

「本番練習」で必ずミスしました。

ですから、指遣いは絶対に決めてその通り弾く

と決めました。

 

この経験があるので、本番前は特に生徒さんに

指遣い

徹底的に確認します。

 

ミスをするところは指遣いがあやしいところ。

 

ですから、

指遣いは絶対に妥協しないのです。

 


体験レッスン随時受付中

「ピアノはじめてさんプラン」で1週間に一度のレッスンと毎日のおうち練習を3回体験することができます。 通常の体験レッスンも「ピアノはじめてさんプラン」でお申込み頂けます。  
ピアノはじめてさんプラン