ピアノの防音対策の一番はご近所づきあい

本物の木のピアノでも、電子ピアノでも

ピアノがお家にきたら、やっておいて損はない、ということがあります。

ご近所あいさつです。

え~、今の時代、必要ないんじゃないの?

ピアノを買ったくらいで、あいさつなんて大袈裟じゃない?

 

おまけに、電子ピアノだから音はしないし…という方もいらっしゃいますが、当教室は電子ピアノのヘッドフォンは使わず、音量はできるだけ最大で練習するようお願いしています。詳しくは→

 

 

確かに今の時代に、わざわざ挨拶する必要はありません。逆にピアノを買ったことを自慢している、と誤解されるかもしれません。

でも、こういうことは、問題が起きてからでは遅いのです。

「この度、ピアノを習うに当たり、ピアノを家に置きました。

 夜は、○時以降は弾かないように気を付けます。

 何か、ご迷惑なことが起こりましたら、遠慮なくおっしゃって下さい。」

こんな、文句はいかがでしょう。

  • ご近所に迷惑を掛けないように、ルールを決めたこと。
  • 問題が起きたら受け入れる姿勢があること。

この2点を伝えることで、トラブルの回避になります。

 

 

このことを、生徒さんのママに話したら、

「自分が反対の立場だったら、近所に突然ピアノが来て、 音がし始めたら、やっぱり嫌だと思う」

と、おっしゃっていました。

 

 

特に一戸建ては、延々とご近所付き合いが続きます。

トラブルになりそうな原因に対しては、問題が起きる前にこうした挨拶をしておくと、お付き合いがスムーズになります。

 

そして、これはいい考え!!と思いついたのですが、必ず、ピアノを習うお子様を一緒に連れて行きましょう

ご近所に、アピールすることで、子どもなりに、責任感が芽生えるはずです。

 

挨拶したんだから、一生懸命練習しなければ。

親が、これだけしてくれているから、頑張らなければ。

そんな気持ちを養う機会になるでしょう。

 

 

おまけに、近所に「ピアノを習っている」と公言しているわけですから、

「最近、ピアノ弾いていないね」なんて、練習不足を指摘されるかもしれません。

 

我が家が挨拶をした例も参考にしてみて下さい。→

 


体験レッスン随時受付中

「ピアノはじめてさんプラン」で1週間に一度のレッスンと毎日のおうち練習を3回体験することができます。 通常の体験レッスンも「ピアノはじめてさんプラン」でお申込み頂けます。  
ピアノはじめてさんプラン